観光タクシーを冠婚葬祭に

名前の通り、観光の際の足として利用されることになるのが観光タクシーです。観光地において利用される観光タクシーにももちろん多くのメリットがあります。例えば、発着地点が自分で自由に設定できる点や、事前に料金が決まっている点、さらにはベテランのドライバーが運転することによって、様々なガイドを受けることができる点などがあります。これらの観光タクシーとしてのメリットは、実は観光の場面以外でも活躍していることが少なくありません。ここでは、観光以外における観光タクシーの活躍の場所として、冠婚葬祭の現場について紹介します。

冠婚葬祭の際に観光タクシーが活躍することになる場面として共通しているのが、送迎のために利用することができるという点です。前述の通り観光タクシーは自由に発着地点を設定することができるようになっています。ですから、駅を出発地として設定し、結婚式場や葬式会場などを到着地として設定することによって、参列者を簡単に会場まで運んでもらうことが可能になってきます。

ここでポイントとなるのは、観光タクシーには多くの種類があり、種類によってサイズが違っているために様々な利用の仕方を考えることができるという点です。一般的なタクシーサイズのものから、10名程度まで同時に運んでくれるジャンボタクシーと呼ばれる大型のものまであり、送迎が必要な規模に応じて利用できるようになっています。同時に、荷物が多い場合でも利用しやすくなっています。例えば、結婚式においては、衣装自体が大きなスペースを取ることになります。そのため、着付け後の新婦を運ぶためにも観光タクシーは便利に利用ができるようになっています。着崩れなどを防止することもできるようになっているため、メリットが大きい方法といえるでしょう。

また、本会場へ参列者や新郎新婦を運ぶために利用できるだけではなく、観光タクシーは二次会会場へ運ぶためにも利用されることもあります。こちらについては特に、新郎や新婦、さらにその友人たちや親族たちというような親しい人達だけで移動ができるという点が大きなメリットとなります。荷物が多くなっても観光タクシーなら安心です。

公共交通機関と違い、周囲に対して気を使う必要がないこと、かといって自家用車と違い、ドライバーを誰かが担当する必要がないことなどがメリットとして考えられるポイントとなるでしょう。ドライバーは熟練の腕を持つものが担当することが多いため、急なスケジュール変更にも対応できることが多くなっています。